3STEPで簡単!ワンポイントのお花の刺繍を作る

マイ
 私最近、女子力磨こうと思って!

ハンカチとかにワンポイント刺繍が入ってたら、かわいくない?

あこ
 ( 急に女子力を磨き出した、、、?笑)

確かに、持ち物にワンポイントでお花が入ってたりしたら、可愛らしいよね。

ワンポイント刺繍だったら作りやすいのがあるよ〜〜!

ハンカチに刺繍に入れるのも1.2時間程度でできちゃうよ!

お花のワンポイント刺繍に便利な基本のステッチ

ワンポイント刺繍は、お花の図案が最も身近で 取り入れやすいです!

チェーンステッチの鎖を1つだけ作るのが「レゼーデージーステッチ」です。

基本の刺し方を使って、ワンポイントのお花を作ることができますよ!

簡単なお花のワンポイント刺繍を作ってみよう

作り方の手順をチェックしながら、一緒につくってみましょう。

あこ
刺繍の基本ルールの刺し方を参考にしてみてね。

1・面の刺繍

2・線の刺繍

の順に刺していくと綺麗に仕上がるよ! 

 

STEP1.図案を写す

ワンポイントの刺繍をつけたいハンカチやランチョンマットなどの布に、直接図案をうつしていきます。

今回はこの真ん中のお花を作ってみます。

ワンポイントのお花の図案は、小さ目で3㎝×3㎝くらいに収まるものを使うと良いです。大きくても5cm以内。

見栄えが良く仕上がりますし、少しの時間で完成できます。

図案はコピーして写すのがよいです。手描きだと同じ図案をまた作ることができないので、必ず図案はコピーして使っていきましょう。

参考記事:図案のうつし方動画で解説!

 

STEP2.花びら、花芯を刺す

お花は 真ん中の花芯は後からで、先にまわりの花びらをレゼーデージーステッチで刺します。

そのあと、真ん中の花芯をサテンステッチで埋めます。

 

あこ
円形にバランスよく刺していくのがポイントだよ。

STEP3.葉っぱと茎を刺す

葉の部分も、基本ルールにのっとって

先に面の刺繍である葉っぱをサテンステッチで作ってから、茎の部分をチェーンステッチで刺していきます。

※参考記事: サテンステッチの刺し方刺繍図案に頻出!チェーンステッチ

これで、完成です。

マイ
1.5時間くらいでできちゃった!簡単〜〜!

ワンポイント刺繍、何に仕立てる?

ワンポイント刺繍は、色々なアイテムに応用できます。

ハンカチ

マイちゃんの気になっていたハンカチ。

タオルハンカチだと厚手で刺繍しにくいので、綿や麻布の市販のものを選びましょう。

 

※クリックするとお買い物ページに飛びます。

あこ
実店舗があるお店だと、無印良品さんとか、fog linen workさんのハンカチもシンプルでオススメ!

リネン素材で生地が薄いときは接着芯を挟んで刺すといいよ。

ランチョンマット

麻布などのランチョンマットに、ちょこっとワンポイント刺繍が入っていてもかわいい…。

想像だけで白米食べれそう。ご飯の時間が楽しくなりますね。

 

※クリックするとお買い物ページに飛びます。

あこ
ご飯の時に端っこにお花があったら和むよね…。よりご飯がおいしくなるよね…。
マイ
食い意地…笑

ブローチ

ワンポイント刺繍は、ブローチにするのにちょうどいいサイズ。

くるみボタン用のキットなどを使って、ブローチに仕上げましょう。

木製ブローチなどは1つの値段が高くて800円程度。クロバーのくるみボタンキットは7個入りで1200円くらい。お得で私もよく使っています♪

 

あこ
ちなみに洗濯するものに刺繍するときは、玉止めなどをしないように 縫い始めは返し縫いして留めるといいですよ。

参考記事:刺繍作品の洗濯の仕方玉止めを作らずきれいに糸始末♪

 

このワンポイント刺繍の図案はこちらからどうぞ。無料です。

※ダウンロードページ準備中です。

再配布や2時創作の商用利用はご遠慮ください。

色々やってます。

あこちゃんねる

youtubeで刺繍の動画講座配信してます。細かい刺し方や復習はこちらから。

あこのかんたんハンドメイドFacebookページ

ブログの最新記事はFacebookページに「いいね!」でチェックできます。

The following two tabs change content below.
刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。