刺繍図案に頻出!チェーンステッチのやり方。

チェーンステッチとは?

チェーンステッチ、知ってますか?図案集にもよくある、刺繍のなかでも基本的なステッチです。

名前の通り、鎖のような見た目が特徴で、編むように刺していく刺繍です。

チェーンステッチの刺し方


引用:戸塚刺しゅう研究所

輪郭線や面を埋めるような場合に使うステッチです。チェーンの大きさがそろうととってもきれいに見えますよ♪

チェーンステッチには色々種類がある

チェーンステッチはひとくくりにすると「鎖=チェーン」のステッチですが、刺し方の幅や針を出す位置を変えることで、見た目のできあがりが変わります。

オープンチェーンステッチ

引用:戸塚刺しゅう研究所

針の差し入れ位置をかなり広めにとったチェーンステッチ。みためは鎖というより幅広の四角い模様が連なっているように見えますね。

ブロークンチェーンステッチ

その名も「壊れたチェーンステッチ」…。

写真をぜひみてください。基本のチェーンステッチと比べると、ちょっとだけ壊れてます。笑

これはもはやチェーンステッチの失敗作なのか?という疑問も残りますが、れっきとしたチェーンステッチの仲間。針の刺し出す位置を変えてるんです。

線上に繋げて刺していくと、模様みたいに見せることができます。面を埋めるのには適していませんが、飾り枠などで使えそうです。

早速動画で一緒にやってみよう!

では、基本のチェーンステッチを刺してみます。一緒にやってみましょう♪

他にも使える、チェーンステッチ活用法

ただ鎖を刺して行くにはもったいない、、、というほど慣れてきた方にオススメの活用法です。

サテンステッチで埋めていた図案を、チェーンステッチで刺してみる

サテンステッチで面を埋めるのとはまた少し違う、優しい雰囲気が出せますね。

サテンステッチは糸が前面にわたるので光沢感が出ますが、チェーンステッチは鎖同士の空間ができるので、下地の布の色を生かして刺せるのがかわいいです。

ひたすらチェーンステッチだけで線の図案を刺してみる

線を引いていくような刺繍(面を埋めるものでなく、線の柄の刺繍)にもチェーンステッチは使えます。

アルファベットの筆記体などの刺繍などの流線型の図案にも応用して使えます。

あこ
普段アウトラインステッチやバックステッチを使っている図案をチェーンステッチで刺してみたり、いろいろ試してみてくださいね。

いろいろやってます。

★参考書籍

「刺しゅうきほんの基本」

★Youtube 配信はここからチェック!

あこちゃんねる

★Facebookでブログ配信をチェック!

あこのかんたんハンドメイドFacebookページ

よかったら「いいね♪」お願いします!

The following two tabs change content below.
お洋服屋さん兼ハンドメイド作家。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都・路地裏3坪百貨店さんにて作品委託中。焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です