面刺し刺繍の定番!サテンステッチのやり方とコツって?

刺繍の図案でよく見る!サテンステッチって?

これが、刺繍図案でよく見かける、「サテンステッチ」。

面の刺繍を刺したり、大きな範囲をうめて刺すのによく用いられる手法です。

動画を見ながら、やり方をマスターしましょう!

サテンステッチには種類がある!

サテンステッチと一口に言っても、いくつか種類があります。

刺し方は基本的に同じ面刺し刺繍で、ストレートステッチと同様な方法で糸を広範囲に渡していきます。

針を出す位置や、下地を刺すことでできあがりに差を出すことができるので、図案の中で使い分けてもOKです。

やり方と特徴を動画で見ながら試してみよう!

基本のサテンステッチ

引用:戸塚刺しゅう研究所

 

こちらが基本のき、王道のサテンステッチです。

図案に沿って針目が平行になるように刺します。

どの図案でもアレンジしながらさせる基本のやり方!マスターしておきましょう。

あこ
動画でも解説していますが、図案をパーツで区切って刺すときれいにできますよ!

サーフェイスサテンステッチ

基本のサテンステッチに比べて、表面が薄く仕上がります。

裏側にわたり糸が出ないのも特徴です。

パテッドサテンステッチ

下地を刺してから上に【基本のサテンステッチ】を重ねます。

仕上がりをふっくらさせたいときに使います。

あこ
やり方によって出来上がりのふっくら加減に差が出るよ! 糸は2本~3本どりが刺しやすいです。

サテンステッチのやり方とコツ

糸は2本どりが基本。

2~3本どりをすることで、何度も細かく糸を渡すことができるためよりきれいに仕上がります。

マイ
糸を少なくすることで 動物の図案とかの毛並みなど、細かい部分も表現しやすくなるみたい。初心者の方ほど、細かく刺すことを心がけてみて♪

図案をパーツにわけて、バランスよく刺す。

【基本のサテンステッチ】の「中央に糸を渡して目安をつけてから半分ずつ刺す」のは実はとっても大事。

大きい図案であれば、適度なところでパーツに分けて、

パーツごとに向きを変えて刺していき、平行に糸を渡すのがきれいにできるコツです。

針目の間をあけずにできるだけ詰めて刺す。

平行に糸を渡していくサテンステッチで起きがちな失敗が、針の出す場所がずれてできあがりに隙間ができてしまうこと。

できるだけ針目の間をつめて端を揃えて刺すことを心がけましょう。

2本どりにすることで、失敗しても刺し直して面を埋めやすくなります。

あこ
サテンステッチは、シンプルな刺繍だからこそ練習量が多ければ多いほど、どんどんキレイに刺せるようになるよ!いろんな図案に挑戦して慣れることが上達のコツ!
マイ
よーし、私もがんばろー!

復習はこちらから。

★参考書籍

これならできる!みんなの教科書 刺しゅう きほんの基本 (高橋書店の手芸のきほんシリーズ)

★Youtube 配信はここからチェック!

あこちゃんねる

★Facebookでブログ配信をチェック!

あこのかんたんハンドメイドFacebookページ

よかったら「いいね♪」お願いします!

The following two tabs change content below.
お洋服屋さん兼ハンドメイド作家。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都・路地裏3坪百貨店さんにて作品委託中。焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です