針の細さを変える?ステッチのボコボコ解決!刺繍上達の4つのコツ

刺繍はどうしたら上達するの?コツってないの?

マイ
ぬいぬい…ぬいぬい…( 刺繍するおと )
あこ
 お〜〜い、マイちゃん。 
マイ
 ぬいぬい…ぬいぬい…
あこ
え、無視?(笑) 
マイ
 あ〜〜!!

また失敗しちゃった!せっかく集中してたのに…

どうしても刺繍の仕上がりがボコボコになって気になるんだよ〜〜

ステッチがどうしてもボコボコになる?

 

あこ
 あー、なるほど。

わかるよ、刺繍のボコボコ…。

刺しても刺しても、隙間があいたり、つい縫い足しすぎて凸凹になっちゃったり。

特にサテンステッチとかは練習しないと難しいよね。

マイ
そうそう!気にして刺してるつもりなんだけどなあ…。

何か刺すときに上手くいくポイントってないの?

ボコボコにならないために!刺繍を上達させる4つのコツ

あこ
 刺繍は根気よく続けると自分でやりやすいコツがつかめるようになるし、上達もしやすいから

1番はまず、毎日でも針を使って刺繍を楽しむことかな。

でも、それ以外に気をつけてボコボコ防止に役立つコツもある!

下の表をチェックしてみて!

  • 初心者は2本どりで刺せるものを選ぶ
  • 対応した針をきちんとつかう
  • 足りないところは縫い足して補う
  • 図案をしっかりうつして隙間をつくらない
マイ
 ほうほう…。具体的に説明して〜〜!

無理に多く糸を使わない。2本どりでコツコツ刺す

マイ
 えっ? 6本どりの方が、面積早く埋まるんじゃないの?

サテンステッチとか、埋める場所は大体広いし、刺繍糸だって6本ずつでまとめて売られてるじゃん!

あこ
 たわけー!!初心者ほど2本どりでコツコツ刺すのがいいんじゃ!!
マイ
 まじか…

その仙人みたいな口調はよくわかんないけど…

あこ
 実際に6本どりで刺す図案もあるけど、ほとんど2本どりで対応できるんじゃよ。

ほれ、この写真を見るんじゃ!!


あこ

左側が2本どり、右側が6本どり。2本どりの方が、同じ図案でも表面がきれいじゃろ?

6本どりと2本どりで、こんなに差が出る。

何より2本どりだと面積を埋める時にコントロールがききやすく、足りないところをすぐに修正できるんじゃ!

マイ
 なるほど!じゃあ、糸をバラして使えばいいのね。
あこ
 その通り!

よりこだわるなら、1本ずつバラしてから2本にまとめて使おう。

そのほうが糸同士がくっつかず、ふんわりした仕上がりにできる。長さも60cmに切り揃えたら、絡まらないし安心!

みつあみ収納で60㎝ごとにして刺繍糸は使いやすくしておきましょう。

針はちゃんと対応したの使ってる?

マイ
 ふむ、糸を2本どりにして刺すのはわかったよ。あと気をつけることは?
あこ
 マイちゃんが使ってる針、よく見てみるんじゃ。


マイ
 ふつうのフランス刺繍針だよ。間違えてないでしょ?
あこ
 ふふふ…フランス刺繍針であってるけど、よくみて。

取り合わせ って書いてあるでしょ。

取り合わせってことは、いろんな針が混ざってるの。よーくみると、針の太さが違うの、わかるかな?


あこ
2本どりの図案で刺すときは、2本どりに適した細い針で刺そう。

太い針など、対応してない針で刺すこともできるけど

針穴に対しての糸の本数が少なくなってしまうから、これがボコボコの原因になるんだよ。

マイ
よくみると、何本糸に適した針なのか対応表が記載されてるね。見落としてた~!

糸、少なすぎない?縫い足しても大丈夫

あこ
サテンステッチなどの場合は、できあがりに隙間が空いたら上から縫い足しても大丈夫。

全体的にバランスを見て、糸の少ないところにどんどん上から刺しちゃって!

図案はズレないようにしっかりうつそう

あこ
 図案のうつし方でも紹介したけど、最初に布にしっかり図案を写しておくことで、刺す場所が見えやすく、失敗も少なくなるよ。
マイ
チャコペーパーで写したのが消えそうになったら、チャコペンで書き足してもOKだったよね。

水で消えるチャコペン・チャコペーパーは刺しているとこすれたり、汗で消えやすくなります。

その都度心配な部分は書き足してから刺しましょう。

図案のうつし方が薄いと、できあがりがずれてしまう可能性が高まります

まとめ

あこ
刺繍はやればやるほど上達するから、基本のルールや技術面での知識を蓄えることももちろん必要。

だけど、道具ややり方で上達に近づけるポイントもたくさんあるでしょ!

意外と、道具を変えてみたら刺しやすくなった、てこともあるかもしれないしね!

マイ
うん、確かに~!

私はまず、使ってる針を変えてみようかな~。すぐうまくなっちゃうかも!!

The following two tabs change content below.
刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。