刺繍初心者必見!図案のレベル別の選び方

刺しゅう初心者さん必見!図案の選び方のポイント

マイ
だいぶ刺繍にもなれたし、色んな図案にも挑戦してみたいなあ。

本屋さんに行くとたくさん本が並んでて、迷っちゃう〜〜!

あこ
そうだね!

基本のステッチをいくつか覚えれば、好きな図案も刺しやすくなるよね。

初心者さん向けの刺しやすいステッチは様々あるけど、この表を見てみて!

マイちゃんは、文字だけでどんなステッチかわかる?

マイ
ふんふん…

ここにならんでいるのは、このブログでも紹介してきた基本のステッチだよね。

ふふふ、だいたいわかるぞ~!

あこ
お、さすがマイちゃん!

この表のステッチが、文字だけ見てもだいたいわかる〜〜!って人は、色んな図案にそろそろ挑戦してみる時!

好きなものを選んで作ってみて!

初心者におすすめの図案は?

 

あこ
初心者さんは迷わずお花や植物の図案を選んで!
マイ
え、どうして〜〜?
あこ

お花や植物の図案は、動物に比べて動きが少なくてパーツが少ないよね。

花の部分と、茎や葉の部分、ほぼ2つの少ないパーツでできているから、

バランスがとりやすいし、作りやすいんだよ。

だから初心者さん向きなの♪

マイ
そっかー。確かに!

動物だと手、足、顔…とパーツも多いし、細かい表現が多いもんね。

動物でも簡単な図案もあり!
全体を表した図案ではなく、顔の部分だけなど、パーツが少ないものは作りやすいです。

レベル別、図案選びのコツ。動きがあるほど難しい?

あこ

これは今度の刺繍カフェでも作れる図案なんだけど、見てみて。

ほとんどがサテンステッチアウトラインステッチの基本のステッチでできているし、

なおかつ植物のお花の刺繍だよね。だから、作りやすいよ。

マイ
なるほど。

じゃあ、このうさぎさんの図案とかは、お花に比べてより難しいってこと?

あこ

そうだね。顔の中でも耳、耳の中、顔も2つのパーツに分かれているよね。

お花の図案に比べると、難しいといえるんじゃないかな。

図案のレベルの目安

以上の点をふまえて、おおまかに図案のレベルを分けてみると、こんな感じ。

図案のレベル

  1. お花・植物の図案、線のみのステッチなど
  2. 建物や乗り物、規則的な模様など
  3. 動物や人間など

いろんな図案の本が出版されていますが、初心者向けの基礎ステッチの本をのぞいたりしてみると

このような簡単な図案が多く載っていることに気付くはず。

その他にも、こんな見方もできます。

  • 面の図案よりも、線の図案
  • パーツが多い図案よりも、パーツが少ない図案
  • 糸の種類が多い図案よりも、少ない図案

の方が、より簡単に仕上げることができます。

マイ
逆手にとって、挑戦したい!って思うときは

動物の図案やパーツの多い図案を選べば、レベルアップもできるってことね!

 

とは言っても、どうしても作りたいものもある…

そんなあなたは、図案ページで難しさをチェックしよ!

 

マイ

とはいっても、難しそうでもどうしても作ってみたいものって、あるよね。

市販に売られている図案集で、レベルを見分ける方法とかない?

あこ
そんなときは、図案集の最後の方のページをチェックして!

だいたいが刺し方、その本で使うステッチが記載されているから、

そこに出てくるステッチのやりかたが理解できれば、だいたいのものが作れるぞ~!ってサイン。

あとは、図案のページを見てみて、図案の時点で

線が多い=パーツが分かれている ものは、挑戦しがいのある難しいものだってわかるよ。

マイ
なるほどね~!参考にして選んでみようっと!
The following two tabs change content below.
刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。