パチン!と切り、クルン!とまるめる。Tピン・9ピンの使い方をマスター!【初級】

※ヤットコの使い方はこちらの記事から。

アクセサリーをつくるために必要なパーツの使い方。

 

ビーズのアクセサリーや、

女子大人気のコットンパールのアクセサリーをつくるのに必要な

Tピン・9ピンの使い方についてお話ししていきます。

 

これができるようになると、

金具パーツに好きなビーズを通したり、連結させたり・・・

つくれるアクセサリーの幅がグンっと広がります。

 

※Tピン・9ピンとは?

アクセサリー作りに必要な金具パーツの解説は

こちらの記事からよんでくださいね♪

 

基本テクニックをマスター!ピンの使い方

アクセサリー作りになくてはならない金具のピン類。

Tピン・9ピン・丸ピンと主に3種類がありますが

使い方はどれも同じで、

ビーズを通して先を丸めて使います。

ピンにビーズを通して先を丸めると、アクセサリーのパーツができます。

 

はじめは難しい・・・と感じるかもしれませんが、コツをつかめばとっても簡単!

回数をかさねて、作っているうちに上手になっていくのでご心配なく。

パールをつかって、作り方を見ていきましょう。

 

Tピンの丸め方

1.パールにTピンを通します。

img_2704

 

2.パールを押さえながら、先端の根もとを軽く折り曲げます。

このときパールと水平になるように曲げるのがポイント。

下に曲げすぎたりすると、次に丸めるときがやりにくくなります。

 

曲げた後は、

図のように、7㎜ほどのこして、残りはニッパ―でカットします。

img_2705

この残った部分が、丸める部分になりますよ。

 

3.ピンを丸めます。

Tピンの先端に丸ヤットコの先端を当ててまるめていきます。

img_2706

ヤットコを持つ利き手を手前に返すのがコツ!

 

ちなみにあこは、1度でまん丸に仕上げようとするときれいにつくれないので

少しずつ力を加えながら丸めています。

何回かつくると自分のやりやすい丸め方もわかりますよ。

 

4.Tピンをつかったパーツができました!

img_2707

丸ピンもTピンと同様に丸めます。

Tピンは先が止まっている形なので、

アクセサリーの先端のパーツに適しますね。

 

9ピンの丸め方

続いて9ピンの丸め方です。

基本的には、Tピンと同様の方法で丸められます。

 

1.パールに9ピンを通します。

img_2708

 

2.ピンの根もとを押さえて、折り曲げます。

Tピン同様、平行に折り曲げるのがポイント。

7mmほど残して、残り部分はニッパ―でカットします。

img_2709

 

3.先端を丸めます。

Tピン同様、丸ヤットコで手首を手前に返すようにして丸めます。

そしてここが、9ピンならではのコツ!

もともとついているカンと、逆向きになるようにカンを丸めます。

img_2710

 

4.9ピンのパーツができました。

img_2711

カンを逆向きにすることで、パーツもはずれにくく

バランスの良い形に仕上げることができますよ。

9ピンのパーツは、連結したパーツを作るときに適します。

 

ピンの使い方をマスターすることで、どんなアクセサリーも作ることができますよ!

 

The following two tabs change content below.
刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。