時計のベルトは自分で作れる!編み込みでオリジナル時計を作ろう

愛用していた時計が、修理を繰り返しても壊れた

皆さんにも思い入れのある時計ってありますか?

私は普段、仕事の時だけ腕時計をつけていたんですが、電池交換、修理…と繰り返して長い間愛用していたんですが

ついに壊れて動かなくなってしまいました。

あこ
ショック…ショックだよ。
マイ
さすがに文字盤に謎の水滴がたまるようになったらそれは劣化だよ(笑)よく使ってたね~。

時計を修理するのはもったいない?

最初は再度修理に…とも思ったのですが私の持っていたのはベルトと文字盤が一体型の時計。1度修理に出したあとだったので、直るのは難しいかなーとも感じていました。

新しい時計を買えばいいじゃん!とも思うんですが、私の場合一般的な時計だとベルトの長さが合わないという悩みがあり、選ぶのがめんどくさかったんです。だからこそ長くサイズのあったものを使っていました。

意外とない、自分にあったベルトのサイズの時計

これは個人的な悩みですが、だいたいの時計のベルトが長すぎて苦労しています。(腕が細いのです…。)

逆に、革時計だったりするとちょうどいい穴があいてなかったり、金物だとゆるすぎ(逆もしかり・・・)で、意外と合うものをみつけるのって難しいんですよね。

そんなとき、ふと立ち寄ったアクセパーツのお店で時計の文字盤のパーツを発見!

あこ
こ・・・これや!!

これは自分にあったものが作れるのでは?とふと思い、試してみることに。

中にはベルトだけが劣化してしまった、という方でも時計の文字盤の作り(後述します)によってはベルトだけ作り変えることができるので、ぜひ作ってみてください。

時計を自分で作ってみよう!修理せずにできる「編み込み」のベルト

腕時計の文字盤だけのパーツっていうものがあること、皆さんはご存知でしたか?

ハンドメイドパーツとして売られていて、このブログでもご紹介がお馴染みな貴和製作所さんやparts clubさんに取り扱いがあります。アンティーク調のものなど、お店によっては意外と種類も豊富です。

ベルトも、革ヒモでベルトを編んで簡単に作ることができるので、

・自分のサイズにあったものが作れる

・縫わなくていいのでお裁縫が苦手な方でも簡単にできる

といった利点があります。

これなら自分に合った時計ができる!ということで、早速作ってみることにしました。

早速、作ってみよう!

材料

編み込み腕時計・1つ分
・合成ヒモ(革)90cm×2

・時計パーツ(写真のような形のタイプ)

・ボタンパーツ ×1

あこ
だいたい材料費は全部で1200円くらいでした。選ぶ文字盤のパーツや革ひもを本革にする、などで多少の差はでそうですが、プチプライスで作れるのもお手軽でしたよ!!

作り方

今回は材料を購入したparts clubさんでミニレシピがあったので、これを参考にしながらアレンジしています。

【★1:合成ヒモを45cmずつ、4本に切ります。】

【★2:写真のように、時計パーツの金具に4本すべて通します。】

【★3:4本を4つ編みにしていきます。もう片方も同様に。】

あこ
必要な分だけ編めばOK!自分の腕のサイズに合わせて長さを決めましょう。
4つ編みのやり方

4つ編みはビーズファクトリーさんのこちらのサイトが参考になります。革ヒモにマスキングテープなどで印をつけると編みやすいです。

【★4:4本のうち1本にボタンパーツを通し、そのヒモで残りの3本をまとめて縛ります。】

【★5:もう片方も同様に4本のうち1本で残りの3本を縛ります。】

 

【★6:好みの長さでヒモを切りそろえ、結び目に接着剤で補強をしたら、完成です!】

あこ
できた~!!30分もかからず完成できたよ!

まとめ

やりかた次第で、アレンジができそう!

今回は革ヒモを1色で編みましたが、2本、または4本すべて色を変えても雰囲気が変わりそうです。

好きな色でアレンジして作ってもいいですね♪

材料を買うときの注意点

時計パーツの文字盤

時計パーツは、モノによってはテグスを通すほどの穴しかないものもあります。今回のように革ヒモを通して作るタイプの時には、文字盤のわきの金具がしっかり余裕のあるものを選んでくださいね。

また、たいていの場合パーツなので保証書はついてきません。時計屋さんで、電池交換や修理はできるか頼んでみる必要がありそうです。

革ヒモ

革ヒモは合成ひもの方が柔らかく、太くて編みやすいです。本革だと細かったり。逆に平べったかったり、つるつるすべって編みにくい場合があるので、好みで選んでみてくださいね。

あこ
自分のサイズにあった時計、作ってみてくださいね~♪ 私も初めての試みでしたが、しばらく使ってみようと思います!
The following two tabs change content below.
刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

刺繍作家、洋裁の先生。お洋服屋さんもしている3足のわらじの人。フランス刺繍をメインにブログかいたり、ワークショップ開いたりしています。アクセサリーブランドmaison de nota主宰。minneさんで作品販売京都にて作品委託販売。寝ること、コーヒー、焼プリンが大好き。